離婚届とは

 離婚届を提出することによって、婚姻関係を将来に向かって解消し、戸籍に離婚事項が記載されます。

届出人

協議離婚の場合は、夫及び妻
裁判離婚の場合は、申立人又は訴えの提起者

届出地

夫又は妻の本籍地、もしくは住所地(所在地)の市区町村役場

届出期間

任意(届出日が離婚日となります。)
裁判離婚の場合は、裁判が確定した日から10日以内

必要なもの

  • 離婚届出書
    ※協議離婚の場合は成年者の証人が2名必要です。
  • 戸籍謄本
    ※本籍地の市区町村に提出する場合には、不要となります。
  • 届出人の本人確認ができるもの
  • 届出人の印鑑(シャチハタ・スタンプ印等での押印はご遠慮ください。)
  • 裁判離婚の場合は、審判書等

注意事項

  • 離婚届によって住所が変更になることはありません。住所が変わる場合には別途、転入・転出の手続きが必要になります。 
  • 鉛筆や消せるボールペンでの記入はご遠慮ください。
  • 記載したものを訂正するときは修正液、修正テープを使用せず、二重線で訂正してください。
  • 氏が変わられた方は、マイナンバーカードもしくは通知カードに変更後の氏を記載しますので、住所地の窓口へお持ちください。
  • 住民基本台帳カード・マイナンバーカードをお持ちの方は、ご持参ください。

以下の場合には事前にご相談ください

  • 外国人の方と離婚をする場合。 
  • 離婚により氏を改める方が婚姻中の氏をそのまま使用する場合は、離婚の日から3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」をする必要があります。離婚届と同時に届出することもできます。
  • 子の氏変更については入籍届(家庭裁判所での許可が必要)が必要です。

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください