家畜伝染病予防法では、飼育動物の頭羽数の報告が義務付けられています。

報告が必要な動物(1頭羽から)

 牛、水牛、馬、豚、ミニブタ、いのしし、めん羊、山羊、鹿、鶏、うずら、アイガモ、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥
※上記以外の動物の報告は必要ありません。
 報告方法など詳しくは、下記までお問い合わせください。

問い合わせ