川島町は「定住化促進」を目的として、若者の新築・中古住宅にかかる固定資産税の課税の一部を免除します。
 
対象住宅
  1. 平成25年1月2日から平成30年1月1日までの間に新築又は取得された住宅(アパート・貸家は除きます)
  2. 床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下の住宅であること
  3. 居住部分の床面積が全体の2分の1以上であること
※贈与または相続により取得した住宅は対象になりません。
対象者
(1)~(4)の全てに該当していること
  1. 世帯の全員が課税免除対象住宅に居住していること
    (川島町に住民登録がある)
  2. 他の同一世帯員の中に、当制度の適用を受けている者がいないこと
  3. 本人及び同一世帯員の中に町税・国民健康保険税及び税外収入金の滞納がないこと
  4. 課税免除対象住宅取得時に、所有者が40歳未満であること(ただし、所有者が40歳を超える場合でも、同居の配偶者が40歳未満であれば対象になります)
課税免除の内容 床面積120平方メートル以下の部分にかかる税額の2分の1が課税免除となります。
課税免除期間 課税免除対象住宅を取得後、新たに固定資産税を課せられることになった年度から5年度が課税免除期間となります。
申請に必要な書類
  1. 固定資産税課税免除申請書(PDF)
  2. 町税及び税外収入金の納付状況の調査を認める同意書(PDF)
  3. 建物の登記事項証明書又は売買契約書の写し
※登記事項証明書は法務局で取得できます。
問合せ先 川島町役場税務課 課税グループ
TEL 049-299-1757