工業用地をお探しの方へ

本町の概要

川島町は、埼玉県のほぼ中央に位置し、関越自動車道「川越インターチェンジ」から約25分、関越自動車道「鶴ヶ島インターチェンジ」・首都圏中央連絡自動車道(以下圏央道)「圏央鶴ヶ島インターチェンジ」から約15分の場所に位置し、各高速道路を利用することにより、東京・群馬・上信越・県南の各方面への移動が容易にできます。
平成20年3月に、圏央道「川島インターチェンジ」が開通したことにより、中央自動車道へのアクセスが便利となりました。さらに、平成22年3月には圏央道「桶川北本インターチェンジ」が開通し、荒川を渡り国道17号上尾道路と接続され、東北自動車道へのアクセスも近い将来可能になります。
また、 圏央道の整備に併せて側道(町道)も整備され、川島インターチェンジから、産業系12号区域まで10分程度で到着できます。

産業系12号区域

川島町東部の調整区域内にある以下の2か所は、平成15年6月1日に県知事より産業系12号区域の指定を受けたので、製造業の施設(工場)の建設ができます。(都市計画法第34条12号区域)

都市計画法第34条12号区域(産業系12号区域)
区域
面積
予定建築物の用途
大字上大屋敷の一部、
大字下大屋敷の一部、
大字西谷の一部
約7ha
(約1.2haは契約済みです。又、約3haは既存の工場があります。)
日本標準産業分類において、製造業に分類される業種の工場(ただし、化学工業、石油製品、石炭製品製造業、なめし革製造業、鉄鋼業、非鉄金属製造業、武器製造業は除く。)
大字表の一部及び
大字山ヶ谷戸の一部
約5ha
(約3.54haは契約済みです。)

川島町産業系12号区域概略図

なお、埼玉県では企業立地優遇措置を設けています。詳しくは、埼玉県企業誘致推進室のホームページのさいたま産業立地情報をご覧ください。
また、企業向けの融資制度もあります。詳しくは、埼玉県金融課のホームページをご覧ください。

川島インター産業団地区域

現在、民間で取引している物件の情報です。詳細は、各物件の問い合わせ先までお願いします。なお、掲載の物件は、町の立場で推奨しているものではありません。また、取引の仲介は行いません。町は取引によって生じたトラブルについて一切の責任を負いません。

    民間取引物件.pdf