母子健康手帳の交付 ※妊婦さん本人の個人番号(マイナンバー)の記入が必要です!!

対象者 川島町に住民登録のあるかたで、医療機関で妊娠の診断をされたかた。
交付申請 所定の用紙により交付申請してください。
交付場所 川島町役場 健康福祉課 健康増進グループ 1階7番窓口
手帳の役割 妊娠・出産・育児に関する健康や予防接種等の記録書であると共にその乳幼児や母親等保護者の育児指導書です。
 届時に必要なもの

個人番号カード(顔写真が入っているもの)をお持ちの方

 個人番号カード1枚で申請可能

個人番号カードをお持ちでない方

(1)通知カードまたは個人番号が記入された住民票(写しも可)

(2)本人が確認できるもの(運転免許証など)

※(1)と(2)いずれも必要

その他

母子健康手帳は、就職や進学時にも必要となる場合がありますので、大切に保管しておいてくださ   い。

平成28年1月1日より個人番号(マイナンバー)制度の導入に伴い、妊娠届出書に妊婦本人の個人番号の記入が必要となりました。

妊婦健康診査の助成について

すこやかな妊娠と出産のために、妊婦健康診査を必ず定期的に受けましょう。
川島町では、14回分の妊婦健康診査費用の一部助成を行っています。

対象者 妊婦であること。
手続き 母子健康手帳の交付の際に、「妊婦健康診査・助成券」をお渡しします。
助成内容 妊婦健康診査費用の一部(5,000円又は8,000円)を助成します。
     詳しくはこちら(PDF)

委託医療機関以外で妊婦健診を受けたかたへ

里帰り出産等により、委託医療機関以外(国内に限る)で妊婦健康診査を受けた場合は、申請により妊婦健康診査費用の一部を助成します。助成申請の期限は健診日から1年以内です。詳しくは、健康増進グループにお問い合わせください。

マタニティ学級

出産・育児に向け、不安なく過ごし、元気な赤ちゃんを産み・育てるために妊娠中の本人と家族を対象にした教室です。

対象者 妊娠中の本人及びその家族
開催日 1日目 2日目 該当者出産予定日
5月18日(水曜日) 5月22日(日曜日) 平成28年8月~11月
9月7日(水曜日) 9月11日(日曜日) 平成28年12月~平成29年4月
3月1日(水曜日) 3月5日(日曜日) 平成29年5月~7月
  • 1日目:13時00分から15時30分  
  • 2日目:13時00分から16時00分
※2日間で1コースです。
主な内容
  • 1日目:妊娠中の過ごしかた、妊婦体操、分娩について 
  • 2日目:妊娠中の栄養、赤ちゃんの育てかた、赤ちゃんのお風呂(沐浴実習)、マタニティ学級卒業生との交流会 

※対象者にはあらかじめ通知します。

新生児訪問

生後4か月までの全世帯の赤ちゃんとお母さんを対象に、助産師や保健師が訪問し、産後の健康や育児等についての相談をお受けします。

対象者

生後4か月までの全世帯

 

費用

無料

方法

助産師(または保健師)が電話で日程調整後、訪問します。
※必ず、身分証明書を携帯しています。

妊婦健康相談

母子ともに健やかなお産を迎えるために、妊娠中の不安や産後の心配などの相談をお受けします。

 

中南米などでジカ熱が流行しています

特に、妊婦さんはご注意ください。

ジカ熱感染症と胎児の小頭症の関連性が指摘されています。

ジカ熱(ジカウイルス感染症)は、ウイルスを持っている蚊に刺されジカウイルスに感染することによって発症します。ヒトスジシマカ、ネッタイシマカが媒介蚊として確認さています。

~予防方法~

蚊を発生させない

 蚊は古タイヤやバケツ、植木鉢の受け皿など、少量の水がたまっているところに卵を産みます。週に1度はたまっている    水を捨て、蚊の幼虫ボウフラが湧かないようにしましょう。

蚊に刺されない

 やぶや林、公園など蚊の多い場所では、長袖シャツや長ズボンなどで、できるだけ肌を露出しないようにしたり、虫よけ剤を使うようにしましょう。

妊婦さんは流行地域への渡航は控えた方が良いと考えられています

 やむをえず渡航する場合には蚊に刺されないように注意しましょう。

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください