介護予防事業 自主活動の紹介

町では、介護を必要としない「ノー介護」を応援するために、さまざまな介護予防事業を実施しております。町で行った事業に参加された方々は、事業が終わった後も、有志で集まり自主的に活動を続けています。ここではその活動の一部を紹介します。

かわじま地域探訪倶楽部

 認知症予防として行った「若返り脳講座」の参加者たちが、川島の魅力を探求したミニコミ誌を作成しております。メンバーがこの講座に参加した当初は、パソコンの電源の入れ方も知らなかったのに、参加者同士で互いに教えあい、今では写真の貼り付けやレイアウトの工夫など、いろいろなことができるようになりました。

 メンバーが作成したミニコミ誌「かわじまウオッチング」を是非ご覧ください。

 

  かわじまウオッチング1号(平成26年11月)(PDF)

  かわじまウオッチング2号(平成26年12月)(PDF)

  かわじまウオッチング3号(平成27年3月) (PDF)

  かわじまウオッチング4号(平成27年9月) (PDF)

  かわじまウオッチング5号(平成28年2月) (PDF)

      かわじまウオッチング6号(平成28年7月) (PDF)

こつこつクラブ

 腰痛や膝痛、骨折などによる介護予防を目的として行っている「若返りサロン」の参加者たちが、その後も続けて運動を行っております。ずっと続けて参加している人の中には、腰痛や膝痛が改善した人、体力測定の結果が改善した人など、確実な効果をあげています。

 

   こつこつクラブについて (PDF)

*こつこつクラブの様子*

こつこつクラブの参加者が椅子にすわり、セラバンドを使って足の筋力を鍛える体操をしている様子。

 

                   こつこつクラブの参加者がレクリエーションを楽しみながら交流を深めている様子。

 

*こつこつクラブで行っている運動*

 こつこつクラブ ストレッチ (PDF)

 こつこつクラブ 筋トレ (PDF)

 こつこつクラブ セラバンド運動 (PDF)