•地域包括システムモデル事業の三大柱 

1.自立促進とは多職種が連携する地域ケア会議で自立に資するケアプラン作成 

2.介護予防とは元気高齢者が運営する歩いて通える場所での体操教室

3.生活支援とは元気高齢者を生活支援の担い手として養成                                             掃除や調理などの日常生活支援サービス

高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で生活を継続することができるような包括的な支援・サービス提供体制の構築を目指す。単なる”地域”ではなく"コミュニティー"だという住民が生涯にわたり健康で安心した生活を送ることができる美しい町づくりを目標とする。