町では、7月2日(月曜日)から、町民の皆様がご不要になった書類などを、職員が、ご本人に代わって、無料でシュレッダーするサービスを開始します。シュレッダーした書類(紙ごみ)は、直接、資源化することができます。個人情報やプライバシーの関係でごみ集積所に出せないなど、紙ごみの処分でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ、このサービスをご利用ください。

1 対象者

(1)町内にお住まいの方

(2)町内のNPO法人やボランティア団体、これらに類する団体

(3)町長が適当と認める方

2 利用手順

(1)川島町書類裁断代行事業利用申請書daikou sinnsei.pdf(2018年6月25日 10時2分 更新 65KB)を、町民生活課ごみ減量化対策推進室へ提出してください。

※申請書には、紙の種類や大きさ、枚数、重量などを記入してもらいます。

※一度に利用できる量は、A4判用紙で1,500枚(シュレッダーすると45リットルのごみ袋1袋程度)までです。

(2)申請書と書類(紙ごみ)を職員が確認し、シュレッダーします。

※次のものは裁断できません。

 色上質紙

 窓つき封筒(グラシン紙は除きます)

 感熱紙(レシート等)

 圧着はがき など

※新聞紙や雑誌、紙パック、ダンボールは裁断できません。紙・布類の日にお出しください。

(3)川島町書類裁断代行事業裁断証明書daikou syoumei.pdf(2018年6月25日 10時2分 更新 39KB)を発行します。その場で裁断できないときは、後日、裁断証明書を郵送します。

案内チラシはこちらsaidann daikou annnai.pdf(2018年6月25日 10時3分 更新 358KB)