内閣官房及び総務省消防庁から「弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に取るべき行動について」に関する発表がありました。

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国が全国瞬時警報システム(Jアラート)を用いて、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

弾道ミサイルが発射された場合に取るべき行動については以下を参考にしてください。また、弾道ミサイル等に関する最新の情報については、「内閣官房 国民保護ポータルサイト」に随時掲載されていきますので、ご確認ください。

弾道ミサイル落下時の行動について(その1).pdf(2017年5月1日 11時52分 更新 222KB)

弾道ミサイル落下時の行動について(その2).pdf(2017年5月1日 11時53分 更新 457KB)

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A.pdf(2017年5月1日 11時54分 更新 189KB)

内閣官房 国民保護ポータルサイト