町では、農地中間管理機構及び人・農地プランを活用し、農地の集積を進めています。

農地中間管理機構とは

人・農地プランの作成プロセス等において、「信頼できる農地の中間的受け皿があると人・農地問題の解決を進めやすくなる」との意見を踏まえ、農地中間管理機構を整備することとしました。

例えば、

  • リタイアするので農地を貸したい
  • 利用権を交換して分散した農地をまとめたい
  • 新規就農するので農地を借りたい

といった場合など、人・農地プランの話合いの中で農地中間管理機構の活用をご検討下さい。

※詳細については、農地中間管理機構について(農林水産省HP)をご覧ください。

人・農地プランとは

「人農地プラン」は、農業従事者の高齢化や担い手不足が心配される中、5年後、10年後までに、誰がどのように農地を使って農業を進めていくのかを、地区の話合いに基づきまとめる計画(プラン)です。
内容は、次のとおりです。

  1. 今後の地区の中心となる経営体(個人、法人、集落営農)はどこか。
  2. 地区の中心となる経営体へどうやって農地を集めるか。
  3. 地区の中心となる経営体とそれ以外の農業者(兼業農家、自給的農家)を含めた地区農業のあり方(生産品目、経営の複合化、6次産業化)など。

策定した「人・農地プラン」は、新規就農者や集落営農の組織化等により新たに地区の中心となる経営体ができた場合など、地区の事情の変化に応じて見直しが可能です。

※詳細については、人・農地プランについて(農林水産省HP)をご覧ください。

人・農地プラン策定によるメリット

人・農地プラン策定により、下記のとおり様々な支援を受けることができます。

農業次世代人材投資資金(※旧青年就農給付金)(経営開始型)

就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、経営が不安定な就農直後(5年以内)の所得を確保するため、年間150万円の給付金が給付されます。

農業次世代人材投資資金の詳細について(農林水産省HP)

スーパーL資金の金利負担軽減措置(当初5年間無利子化)

「人・農地プラン」に地区の中心となる経営体として位置付けられた認定農業者が借り入れるスーパーL資金について、貸付当初5年間の金利を利子助成により実質無利子化されます。

スーパーL資金の金利負担軽減措置(当初5年間無利子化)の詳細について(農林水産省HP)


経営体育成支援事業

地区の中心となる経営体が、地区農業の問題解決に取り組むため、融資を活用して機械・施設等を導入する際、融資残(事業費の10分の3以内)について補助金が交付されます。

経営体育成支援事業の詳細について(農林水産省HP)

川島町における人・農地プランの策定状況

平沼地区・一本木地区において農業者や農地の所有者による協議の結果、検討会を経て承認されています。
人・農地プラン(平沼地区)
平成26年3月策定(平成30年12月最終更新)
当該区域内における今後の中心となる経営体数 10名
当該区域内における農地の出し手 23名

人・農地プラン(一本木地区)
平成29年9月策定
当該区域内における今後の中心となる経営体数 10名
当該区域内における農地の出し手 10名

今後、策定されたプランの見直しや新たなプラン作成時に行われる地区の協議が開催される際には、ホームページ等で周知いたしますので、地区内の農業者をはじめ、地区外からの耕作者や農地の出し手の方にも積極的に参加くださいますようお願いいたします。

川島町 人・農地プラン検討会

人・農地プランの内容が適正なものになっているかを検討するため、川島町人・農地プラン検討会を設置しています。

開催日 議事の内容 議事の詳細
平成26年3月26日

人・農地プラン(平沼地区)

策定

人・農地プランの内容について
平成27年1月30日 人・農地プラン(平沼地区)
第1回目更新
担い手の追加について
平成27年7月30日 人・農地プラン(平沼地区)
第2回目更新
担い手の追加について
出し手の追加について
 平成28年3月22日 人・農地プラン(平沼地区)
第3回目更新
担い手の追加について
出し手の追加について
 平成28年9月23日

人・農地プラン(平沼地区) 

第4回目更新

出し手の追加について
 平成29年9月26日 人・農地プラン(平沼地区) 

第5回目更新

出し手の追加について
 平成29年9月26日

人・農地プラン(一本木地区) 

策定

人・農地プランの内容について

 平成30年12月26日

人・農地プラン(平沼地区) 

第6回目更新

対象農地の追加について

 平成31年3月22日  人・農地プラン(平沼地区) 

第7回目更新

担い手の変更について 

川島町「人・農地プラン」検討会設置要綱