災害に備えて事前準備をしっかりしましょう。

 ~ 自らの命は自らが守る ~ 

 毎年全国各地で、集中豪雨や台風などにより、甚大な被害が発生しています。天候や台風などに注意し、日頃から、災害や気象に関する情報を入手する方法や、避難方法・避難場所を確認するなど、身を守るための準備をしておきましょう。

情報を知る

 いざという時の為に常に情報確認を!

 ☆ どの程度雨が降るのか、風が強いのかなど、気象情報をよく確認し、備えましょう。 
 ☆ 雨が降っていなくても、上流で大雨が降ると、河川が増水しますので注意しましょう。
 ☆ 町がお知らせする避難情報や災害状況などを、入手できるか確認しましょう。 
 

※河川の水位などの防災情報 

 ⇒ 荒川上流河川事務所ホームページ

※避難情報などの町からの情報 

 ⇒ かわべえメールLINE@防災行政無線

(それ以外にも、ホームページ、エリアメール、区長に連絡等を実施する予定です。)

 

避難方法を知る

 危険を感じたら避難行動を!

 ☆ 避難行動を起こす基準を決めておきましょう。
 ☆ 避難情報が発令されたら速やかに避難行動を取るように心がけましょう。
 ☆ 避難情報が発令されなくても、危険を感じたら速やかに避難行動を取るように心がけましょう。
 

避難場所を知る

 すぐ行動起こせるように確認を!

 ☆ 町内の指定避難所を確認しましょう。 ⇒ 避難場所一覧
 ☆ 安全な高台や、避難できる近隣の親戚や友人宅を事前に確認しましょう。
 ☆ 大規模な水害が予想される場合は、町外の避難を検討しましょう。 
 ☆ 周りが水没している場合などは、垂直避難(自宅の2階など)など、命を守る最善の行動をとりましょう。 
 

 

  警戒レベル 

気象庁・

国土交通省が発令

町が発令  町民の行動

 

Λ

Λ

 

 

Λ

Λ

 

 警戒レベル5

氾濫発生情報

大雨特別警報など

災害発生情報

 既に災害が発生している状況です。命を守るための最善の行動を取りましょう。

 警戒レベル4

氾濫危険情報など 

避難勧告※1

避難指示(緊急)※2

全員避難

速やかに避難しましょう。

 警戒レベル3

氾濫警戒情報など

避難準備・

高齢者等避難開始 

高齢者等は避難

避難に時間を要する人とその支援者は避難をしましょう。その他の人は避難の準備をしましょう。

 警戒レベル2 大雨注意報など  ー 避難に備え、自らの避難行動を確認しましょう。
 警戒レベル1 早期注意情報  ー  災害への心構えを高めましょう。
※1  避難勧告とは、災害が発生する場合があり、速やかに避難をしなければならない場合に発令します。 

※2

 

避難指示(緊急)とは、災害が発生する可能性が高く、避難していない住民に対して、至急避難および命を守る行動をとる場合に発令します。
 

 〇町からの情報発信の一例〇

 防災行政無線やかわべえメールなどでお知らせします。

【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始の発令

 大雨により、〇〇川の水位がはん濫危険水位に達し、さらに上昇する見込みです。

 町では、下記対象地域に、警戒レベル3避難準備・高齢者等避難を発令し、避難所の開設を行いました。

 対象地区:〇〇地区、〇〇地区

 避難所:〇〇小学校