令和元年10月12日(土曜日)に日本列島に上陸した台風19号は、広範囲に記録的な大雨をもたらし、各地で河川の氾濫を引き起こしました。

川島町では、災害対策本部を設置して水防対応を実施しました。また、すべての避難所を開放し、約3,000人の方が避難しました。

冠水は町内各地で発生し、周囲の河川は水位が上昇し、越水や破堤の危険性がある状況となりました。

10月13日(日曜日)の町内各地の様子

越辺川の様子

oppe river

【町民カメラマン 小島孝さん撮影】

oppe river

【町民カメラマン 小島孝さん撮影】

oppe river

【町民カメラマン 津田吉郎さん撮影】

oppe river

【町民カメラマン 津田吉郎さん撮影】

市野川の様子

ichinokawa river

【町民カメラマン 染谷勝文さん撮影】

ichino river

【町民カメラマン 染谷勝文さん撮影】

ichino river

【町民カメラマン 染谷勝文さん撮影】

都幾川の様子

toki river

【町民カメラマン 宇津木義雄さん撮影】

正直地区の様子

nagaraku

【町民カメラマン 宇津木義雄さん撮影】

国道254号線の様子

254

【町民カメラマン 染谷勝文さん撮影】