補助金の詳細は外部リンクでご確認ください。また、お問い合わせも各機関に直接お願いします。

2021年4月以降に実施される緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時短営業や外出自粛等の影響により、売上が50%以上減少した中小事業者に月次支援金を給付し、事業の継続・建て直しやそのための取組を支援します。

新分野展開や業態転換等の取組、事業再編、規模拡大等を目指す事業者を支援します。

営業時間短縮等の要請にご協力いただいた飲食店を運営する事業者の皆様に対し、協力金が支給されます。

緊急事態宣言等に伴う飲食店の休業・時短営業又は外出自粛の影響を受けて売上高が50%以上減少し、国の月次支援金を受給している事業者に協力金が支給されます。

まん延防止等重点措置等に伴い、種類の提供自粛を伴う飲食店の休業・時短営業の影響を受けた酒類販売事業者に対して協力支援金が支給されます。

  • 小規模事業者持続化補助金(通常枠)

小規模事業者の販路開拓等のための取組を支援します。

  全国商工会連合会

  日本商工会議所

小規模事業者等が経営計画を作成して取り組むポストコロナを踏まえた感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立させる新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等について支援します。

 

国の事業再構築補助金の計画策定支援業務について、専門家(中小企業診断士、税理士、公認会計士、コンサルタント等)に依頼する際の費用を補助します。

 

ウィズコロナ・ポストコロナに向けた経済社会の変化に対応するため、国の事業再構築補助金の規模に満たない事業再構築として、デジタル技術を活用した新サービス・新製品の開発、効率化による生産性向上、販売促進等の経営革新計画の実行に必要な費用を補助します。

 補助対象経費・・・建物費、機械装置・システム構築費(リース料を含む)、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、外注費、知的財産権等関連経費、広告宣伝・販売促進費、研修費等