新型コロナウイルス感染症の影響により、一定の要件に該当する場合には、後期高齢者医療保険料の減免措置があります。

保険料減免の対象となる方

  1. 新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病(1か月以上の入院や人工心肺等の治療を要する場合等)を負った世帯の方
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の令和3年の事業収入や給与収入などのいずれかが、令和2年に比べて10分の3以上減少することが見込まれる世帯の方で、次の全ての要件に該当する方

(1)世帯の主たる生計維持者の事業収入や給与収入など、収入の種類ごとに見た令和3年の収入のいずれかが、 令和2年に比べて10分の3以上減少する見込みであること

(2)世帯の主たる生計維持者の 令和2年の所得の合計が1000万円以下であること

(3)世帯の主たる生計維持者の収入減少が見込まれる種類以外の令和2年の所得の合計額が400万円以下であること

減免に該当する場合の申請手続きは、保険料の納期限前に行っていただく必要があります。減免に該当する場合にはお早めにご相談ください。

※ご自身が減免の対象になるか、また、具体的な減免の要件や減免割合等についてご不明な場合は、下記担当窓口へお問い合わせください。

生計の主たる生計維持者とは

 後期高齢者医療制度では「被保険者の属する世帯の世帯主」を主たる生計維持者としています。

減免の対象となる保険料

 新型コロナウイルス感染症の影響により保険料減免の対象となる保険料は、令和3年分の保険料額で、普通徴収の納期限(年金天引きの場合には年金の支給日)が令和3年4月1日から令和4年3月31日までに設定されている保険料です。

 なお、令和3年3月に後期高齢者医療制度に加入された方の令和2年度分(令和3年4月以後納期限)の保険料も対象(※所得要件については、参照する年度が異なります。)となります。

申請に必要な書類

1.減免申請書(PDF 50KB)

2.収入状況報告書

3.減免の要件に該当する事由を確認する書類

申請事由 申請に必要な主な添付書類 
 死亡 医師による死亡診断書、診断書、証明書等 
 重篤な傷病 医師による診断書、証明書等(1か月以上の治療が有することや人工心肺等の使用の有無等が確認できるもの) 
 収入減少等

1.収入減少等の確認

令和2年分と令和3年分(申請時点まで)の収入が確認できる書類

例:令和2年分の確定申告書(控え)、令和3年収入見込みの根拠資料

  (帳簿、売上台帳、源泉徴収票、給与明細書、通帳等)

2.事業廃止等(給与所得者以外)の場合

例:廃業届、登記簿謄本等

3.失業(給与所得者)の場合

例:離職証明書、解雇通知、雇用保険受給資格者証等

申請の受付について

窓口で申請できます。(郵送可)

窓口及び郵送先受付場所:川島町役場健康福祉課(5番窓口)

郵送申請の場合には、添付書類は写しをご提出ください。(原本を郵送しないようにご注意ください)

書類に不備不足等ある場合には、書類一式を返戻させていただく場合がございますのでご了承ください。