川島町太陽光発電施設の設置に関する要綱について

 町では、太陽光発電施設の設置に関し、近隣住民等の安全、周辺環境への配慮、近隣住民等への周知などを促すための要綱を策定しました。

要綱の対象となる施設

 川島町内に設置する、発電出力10キロワット以上の太陽光発電施設

  ※「建築物に該当するもの」、「設置者の事業所等と併設されるもの」を除く

要綱の主な内容

【法令等に基づく手続等】

 発電施設を設置する場合において、太陽光発電施設設置に関する法令の規定に該当する場合は、当該発電施設の規模に関わらず、町の関係課及び関係行政機関と事前に相談・協議を行い、必要な手続き等を行うものとする。

 計画地の全部又は一部が別表に掲げる区域に該当する場合は、太陽光発電施設設置に関する法令の規定に該当するか否かに関わらず、当該計画が周辺の生活環境等に与える影響を十分に考慮し、計画の中止を含め抜本的な見直しを検討するものとする。

【発電施設に係る届出等】

 発電施設を設置しようとする場合は、その計画の概要が明らかとなった時点で、近隣住民等に対する説明会等を開催し、事業内容を周知するものとする。この際、近隣住民等から出された要望・意見等に基づき協議を行い、近隣住民等の理解を得られるように努めるものとする。

 発電施設の工事に着手する日の30日前までに、川島町太陽光発電施設計画届出書に計画区域の位置図等を添付し、町長に提出するものとする。

 届出対象発電施設の内容を変更し、又は事業を廃止しようとするときは、変更又は廃止する日の30日前までに、川島町太陽光発電施設計画変更・廃止届出書を町長に提出するものとする。

 なお、大規模な変更等が生じた場合は、近隣住民等に対する説明会等を開催し、事業内容を周知し、近隣住民等から出された要望・意見等に基づき協議を行い、近隣住民等の理解を得られるように努めるものとする。

 設置工事が完了したときは、川島町太陽光発電施設設置工事完了報告書を町長に提出するものとする。

【順守すべき事項】

 発電施設を設置する際は、次に掲げる事項を遵守するものとする。

1 近隣住民等との協調を保つこと。

2 住宅地に近接する場所に発電設備を設置する場合は、圧迫感、騒音、熱や光の反射等に配慮し、敷地境界から後退させ、植栽を設けて遮へいする等の対策をとること。

3 既存の地形や樹木等を活かしながら、周辺の良好な環境に支障を与えないよう、周辺環境や景観との調和に配慮すること。

4 災害防止のため、事業区域境界線から十分な保安距離を設け、必要に応じて緩衝帯等を設置すること。

5 災害発生時等の緊急連絡に対応するため、設置者の名称及び連絡先を記した看板を見やすい箇所に設置すること。

6 周辺環境への影響を考慮し、除草剤、殺虫剤等の薬剤は原則使用しないよう努めること。やむを得ず薬剤を使用する場合は、農作物への影響が少ないものを使用し、隣接地へ飛散しないような措置をとること。

7 近隣の農地の日照、通風等を阻害し、耕作に支障を及ぼすことがないように十分配慮すること。

8 施設に起因して発生した苦情等に対しては、迅速かつ誠実な対応をとること。

9 施設計画の段階から事業終了後の将来計画を十分に検討するとともに、廃止に要する経費等を計画的に調達・手配すること。

10 施設を廃止した場合は、速やかに設置者の責任により撤去等適正に処理すること。

PDFファイルはこちら

川島町太陽光発電施設の設置に関する要綱

参考窓口一覧

川島町太陽光発電施設計画届出書(様式第1号)

川島町太陽光発電施設計画変更・廃止届出書(様式第2号)

川島町太陽光発電施設設置工事完了報告書(様式第3号)

ダウンロードはこちら

川島町太陽光発電施設計画届出書(様式第1号)

川島町太陽光発電施設計画変更・廃止届出書(様式第2号)

川島町太陽光発電施設設置工事完了報告書(様式第3号)