鳩山町は奈良時代に焼き物の里として、瓦や須恵器(当時の食器のこと)を大量に製造していました。

今でも、鳩山町には古代の窯の跡がたくさん残っています。

鳩山町で、古代のお皿を実際に作ってみましょう。古代の窯跡の見学もあります。

詳細

日時 8月6日(火曜日) 午前8時00分~午後3時00分頃(移動時間込)

会場 鳩山町多世代活動交流センター

集合 お住いの地区の小学校または公民館(中山小、伊草小、三保谷公民館、出丸公民館、八ツ保公民館、小見野公民館)に

   集合してもらいます。町のバスが午前8時00分から順番に各地区を回り、会場に向かいます。

対象 小学校5~6年生の児童(町内在住または在学)

定員 20名

参加費 500円

持ち物 昼食、手をふくためのタオル、飲み物、筆記用具

注意 動きやすい服装でお越しください。

   陶芸体験は屋内ですが、窯跡の見学が屋外になりますので、暑さ対策は万全に行ってください。

   実際に作品が完成するのは、10月頃になります。

その他 詳しい集合場所や集合時間を記載した通知を、申し込み後に郵送します。

申込み 7月1日から受付を開始しています。

    生涯学習課へお問い合わせください。