ひとり親世帯臨時特別給付金について

埼玉県では、新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯について、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより特に大きな困難が心身などに生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため 、臨時特別給付金を早期に支給します。

概要チラシ(埼玉県)

 

対象者(以下の①~③のいずれか)

①令和2年6月分の児童扶養手当が支給されるひとり親(児童扶養手当受給者)

 

② 公的年金(遺族年金・障害年金・老齢年金など)等を受給して、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が停止されているひとり親(公的年金給付等受給者)

※公的年金の年額が児童扶養手当の年額を上回っていて、児童扶養手当を申請していない方を含む。

 児童扶養手当所得要件は満たしている必要あり。

 

③ 昨年までは児童扶養手当所得要件を満たせず、受給していなかったが、現在、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっているひとり親(家計急変者)

 

※対象者いずれもひとり親の父母以外に、父母がおらず、父母以外で児童を育成している養育者も申請可能です。

 

給付金種類・金額

(1)基本給付

 上記の対象者①~③に当てはまる方

  1世帯50,000円(第2子以降1人につき30,000円加算)

 

(2)追加給付

 基本給付を受給した対象者①、⓶に該当する方のうち、

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け家計が急変し、収入が大きく減少した方

  1世帯50,000円

 

申請手続

 対象者区分により手続や提出書類が異なります。

 

対象者①(児童扶養手当受給者)

(1)基本給付

 手続き不要です。児童扶養手当振込口座に自動で振り込まれます。

 

(2)追加給付

 申請書を子育て支援課までご提出ください。添付書類はありません。

 申請書は児童扶養手当現況届(7月末発送)に同封されています。


対象者②(公的年金給付等受給者)

(1)基本給付

 申請書他、 必要書類一覧表に記載された必要書類を揃えて子育て支援課までご提出ください。

 ※申請書・申立書などの様式は下の表からダウンロードしてできます。また、郵送希望の方は下記問合せ先までご連絡ください。

 

 必要書類一覧表

No 申請書類(公的年金給付等受給者用) DL 
 1  基本給付申請書(様式第3号) 1
 2  簡易な収入見込額の申立書(様式第4号 本人用) 2
 3  簡易な収入見込額の申立書(様式第4号 扶養義務者用) 3
 4  簡易な所得見込額の申立書(様式第4号) 4

 ※ 同居家族で収入があるものがいる場合、No.2「収入見込額の申立書(本人用)」とNo.3「収入見込額の申立書(扶養義務者用)」の両方が必要になります。

 ※対象者③(家計急変者)用の申請書と申請書形式が異なるので誤って印刷しないようご注意ください。

 ※収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準を満たさない場合でも、No.4「簡易な所得見込額申立書」の要件を満たすことにより支給の対象となる場合があります。

 

(2)追加給付

 申請書を子育て支援課までご提出ください。添付書類はありません。

 ※申請書の様式は下の表からダウンロードしてできます。また、郵送希望の方は下記問合せ先までご連絡ください。

No 
 書類  DL
 1  追加給付申請書(様式5号) 1
対象者③(家計急変者)

(1)基本給付

 申請書他、 必要書類一覧表に記載された必要書類を揃えて子育て支援課までご提出ください。

 ※申請書・申立書などの様式は下の表からダウンロードしてできます。また、郵送希望の方は下記問合せ先までご連絡ください。

 

 必要書類一覧表

No 申請書類(公的年金給付等受給者用) DL 
1 基本給付申請書(様式第3号) 1
2 簡易な収入見込額の申立書(様式第4号 本人用) 2
3 簡易な収入見込額の申立書(様式第4号 扶養義務者用) 3
4 簡易な所得見込額の申立書(様式第4号) 4

 ※ 同居家族で収入があるものがいる場合、No.2「収入見込額の申立書(本人用)」とNo.3「収入見込額の申立書(扶養義務者用)」の両方が必要になります。

 ※対象者②(公的年金等受給者)用の申請書と申請書形式が異なるので誤って印刷しないようご注意ください。

 ※収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準を満たさない場合でも、No.4「簡易な所得見込額申立書」の要件を満たすことにより支給の対象となる場合があります。

 

(2)追加給付

 家計急変者が申請可能な給付金は基本給付のみとなります。

 

申請における収入水準・所得要件

対象者本人および同居家族の令和2年2月以降のいずれか1か月の給与に12をかけた額(年間収入見込額)が、以下の表の収入基準額未満であること

 

【収入基準額】(児童扶養手当所得制限限度額に相当する収入額)

扶養親族等 

の人数

支給対象者

本人

孤児の養育者/配偶者

/扶養義務者

0人 - 3,725,000円
1人 3,650,000円 4,200,000円
2人 4,125,000円 4,675,000円
3人 4,600,000円 5,150,000円
4人 5,075,000円 5,625,000円
5人 5,550,000円

6,100,000円

※同居家族は扶養義務者としてみます。

※扶養義務者が2名以上いる場合、合算ではなく、それぞれ別に条件を満たすか算定します。

※収入が上記表を超える場合でも、控除を含めて算定し所得条件を満たす場合、受給できる場合があります。

 控除の内容、所得条件等は申請書類No.4「簡易な所得見込額申立書」でご確認ください。

申請期間

 令和2年8月1日(土曜日)~令和3年2月28日(日曜日)

注意点

  • この給付金は課税の対象とはなりません。
  • ひとり親世帯臨時特別給付金の支給を受けた後に、遡りで受給資格を喪失したり平成30年の所得更正を行った結果全部支給停止になったなど、支給対象者の要件に該当しなくなった場合は、支給した臨時特別給付金の返還を求めることがあります。
  • 振り込め詐欺にご注意ください。ご自宅や職場などに川島町から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込みを求めることは絶対にありません。

 

提出先・問合せ先

 川島町子育て支援課 子育て支援グループ

 郵便番号 350-0192

 住所 川島町大字下八ツ林870番地1

 連絡先 049-299-1765 (平日 8時半から17時15分まで)

 

相談窓口

 厚生労働省「ひとり親世帯臨時特別給付金」コールセンター

 電話:0120-400-903 (平日 9時半から18時まで)
 ファックス:03-6740-2297

 ※制度の概要や収入の基準などについて、相談ができます。

 

国ホームページ

 厚生労働省 ひとり親世帯臨時特別給付金

 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11456.html