昭和40年代から人口増加や行政需要の拡大などを背景に多くの公共施設を建設してきましたが、今後、更新時期を迎えることから、公共施設等の老朽化対策が課題となっています。また、人口減少による税収減や少子高齢化に伴う義務的経費の増大などにより、公共施設の維持管理に充てられる財源は限られ、現在の施設を維持していくことは困難であり、抜本的な見直しが必要となります。

 そのため、公共施設等の状況を把握するとともに、適正な供給量や配置を実現するため、公共施設等を取り巻く現状や将来にわたる見通しなどを把握し、総合的かつ計画的な公共施設等の管理を行うことを目的として「川島町公共施設等総合管理計画」を策定しました。

 川島町公共施設等総合管理計画(概要版)(PDF

 川島町公共施設等総合管理計画(PDF

公共施設カルテ 

 川島町公共施設等総合管理計画に基づき、町が保有する公共施設について、施設の基本情報(施設名称、所管課、所在地、延床面積など)、利用状況、財務情報(収入、支出など)などを「見える化」し、施設の現状や今後の公共施設管理に当たっての基礎資料として活用するために作成しました。

 ・公共施設カルテ(平成27年度)