制度の概要

 「高齢者の医療の確保に関する法律(平成18年6月成立)」の施行により、平成20年4月から、独立した医療保険制度が始まりました。対象となるかたは、これまで国民健康保険、社会保険または健康保険組合などの扶養であったかたも、いままでの健康保険を抜けて、後期高齢者医療制度に加入します。また、保険料を一人ひとりが納めます。

対象のかた(被保険者)

 75歳以上のかたと65歳以上74歳のかたで一定の障がいの状態にあるかた(広域連合の認定を受ける必要あります)です。ただし、生活保護のかたは除きます。

加入する日

  • 75歳以上になったとき(75歳の誕生日当日から)
  • 75歳以上のかたが川島町に転入した日から
  • 65歳以上74歳の一定の障がいの状態にあるかたが申請して広域連合から認定を受けた日から

保険証

 一人に一枚 保険証(被保険者証)が交付されます。保険証の有効期間は原則8月1日から翌年7月31日までの1年間です。毎年7月中旬ごろ新しい保険証を簡易書留でお送りいたします。

お医者さんにかかるとき

 お医者さんにかかるときは、保険証をお持ちください。 一般のかたの窓口での負担は1割です。現役並み所得者は3割を負担します。

運営のしくみ

 後期高齢者医療制度は、埼玉県内の全市町村で構成する『埼玉県後期高齢者医療広域連合』が運営の主体となります。広域連合では、保険料の決定、保険証の交付、医療を受けたときの給付などを行います。川島町では、保険料の徴収、各種申請・届け出の受付、保険証の引渡しなどを行います。

制度のしくみ

  

財政のしくみ

 後期高齢者医療にかかる費用は、医療機関での窓口負担を除き、公費(国・県・市町村)約5割、現役世代からの支援(各医療保険者からの支援金)約4割、そして、後期高齢者の被保険者からの保険料約1割でまかないます。

保険料

  • 対象のかた全員が、保険料を納めます。原則として年金から天引きされます。(特別徴収)
  • 天引きされなかったかたは、川島町から送付される納付書や口座振替で納めます。(普通徴収)
※  保険料の決定は、埼玉県後期高齢者医療広域連合が行い、保険料の徴収は、川島町が行います。埼玉県は、28・29年度の保険料は均等割額が42,070円で、所得割率8.34%です。 

保険料の計算

  • 保険料は、被保険者お一人ごとに計算されます。 
  • 保険料は、均等割(被保険者全員が均等に負担する部分)と所得割(被保険者の所得に応じて負担する部分)の合計となります。 
  • 保険料の上限額は57万円です。 

保険料の軽減措置

  1. 所得の低いかたは、保険料のうち均等割の部分が、世帯の所得に応じて、9割・8.5割・5割・2割軽減されます。 
  2. 所得割額を負担するかたのうち基礎控除後の総所得金額等が58万円以下のかたは、所得割額が原則一律2割軽減されます。 
  3. 健康保険組合、共済組合等の被扶養者であったかたは、所得割額がかからず、均等割額が7割軽減されます。