令和2年分 確定申告のお知らせ

                              

新型コロナウイルスに感染しない、させないため、

所得税の確定申告は、

ご自宅からパソコン・スマホによる申告(e-Tax)や、

郵便よる申告をお願いします。 →  【確定申告はご自宅から!】

申告書の作成は、つぎをクリック →  国税庁HP確定申告書等作成コーナー

 

なお、郵便で申告する場合の送り先はつぎの通りです。

 

郵便による申告(送り先)

所得税  〒355-8604 東松山市箭弓町1-8-14

       東松山税務署 宛

 町県民税

 〒350-0192 川島町大字下八ツ林870-1

川島町役場 税務課 課税グループ 宛

※申告書類に押印は不要です。

※町県民税の申告書は、こちらからダウンロードできます。

 

また 東松山税務署では、新型コロナウイルス感染拡大防止・

会場の混雑緩和の観点から、

還付申告される方、公的年金受給者で申告が必要な方を対象に、

1月4日(月曜日)より 申告を受付けしています。

 

申告会場でのクラスター感染者集団発生を回避するため、

早めの申告相談にご協力をお願いいたします。

 

令和2年分の各税目の確定申告にかかる申告相談は、

次のとおりです。

 

 

 〇 確定申告の期間、会場及び対象者  

税目

申告対象者

申告期間

会場(窓口)

問合せ先

所得税

 

個人消費税

 

贈与税

  • 還付申告される方

 

  • 公的年金受給者で申告の必要がある方

 

14()

  ~

29()

東松山税務署庁舎

東松山市箭弓町

 1-8-14)

地図(税務署HP)

東松山税務署

☎0493-

22-0990

(自動音声案内

で0を選択)

210()

  ~

215()

東松山市民文化センター

大会議室

 

(東松山市六軒町

 5-2)

地図(市民文化センターHP)

申告の

必要が

ある方

216()

  ~

315()

 

所得税

 

町県民税

 

申告の

必要が

ある方

 

 

 

216()

  ~

315()

 

 

川島町役場1階 

多目的室

会場案内図

 

※来場の際には、申告受付票を記載の上、ご持参ください。

申告受付票【川島町役場会場用】

(記載例)申告受付票【川島町役場会場用】

 

 

川島町税務課

☎299

 -1757

(注)ただし贈与税の申告は、2月1日()からとなります。

  2月10日()~3月15日()は、東松山税務署庁舎では申告相談を

  行っておりません。

  また、土日・祝日は、税務署、町税務課ともに申告相談を行っておりま

  せん。

 

申告受付時間          

会場(窓口)

受付時間

東松山税務署庁舎

午前9時~午後4

東松山市民文化センター 大会議室

午前9時~午後4

川島町役場 1階 多目的室

午前9時~11時、午後1時~4時

  

  上記いずれの会場においても、入場の際に検温を実施しています。

  37.5度以上の発熱等の症状のある方は入場をご遠慮いただきます。

    会場に来場される際は、マスクを着用していただき、できる限り少人数でお越

  しください。

  感染症防止対策のため筆記用具及び電卓等を持参いただきますようお願いいた

  します。

      会場の混雑を回避するためにも、収支内訳書、明細書などは、必ず事前に作成

  したうえでご来場ください。(書類が作成されていないと、申告相談に多大な時

  間を要することとなるため、会場が混雑する要因にもなります。)

 

  ≪東松山税務署庁舎、東松山市民文化センターで申告

 する場合の注意事項≫

  東松山税務署、東松山市民文化センターにあっては、午後4時前であっても、 

  受付を終了する場合があります。

   また、会場の混雑緩和のため、

        会場への入場に、当日「入場整理券」が必要です。

   「入場整理券」は、LINEでも事前に発行します。

   「入場整理券」を事前に取得する際は、下記のQRコードにより、

   友達追加のうえお手続きをお願いします。

             

なお、整理券の配布状況に応じ、 後日の来場をお願いすることがあります。

 

 

    ≪川島町役場で申告する場合の注意事項≫

     川島町役場の申告会場では、クラスター(感染者集団)の発生を回避する観点

       から、来場者数の平準化を図りたいと考えています。

     そこで、過去の来場者数実績から混雑予測を立てましたので、 来場される際

   には、会場が空くであろうと予想される日をご検討ください。

 

  【混雑が予想される日】

   ・2月16日から26日あたり(特に初日2月16日)

   ・毎週月・火曜日

  【比較的空くであろうと予想される日】

   ・3月の第2週目以降(特に午前中)

   ・毎週木・金曜日

つぎをクリック⇒混雑状況予想カレンダー

 

 

    川島町役場で申告相談される際には、

   当日会場にて、申告受付票【川島町役場会場】を、ご提出ください。

   こちらからダウンロードできます。

            →申告受付票【川島町役場会場】

            →(記載例)申告受付票【川島町役場会場】

 

   川島町では、的確・スピーディーな申告相談に期するため、受付票に、ご自

   身の所得および申告内容などについて、簡単に記載していただきます。

   今年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、当日の体温の記載

   もお願いします。(37.5度以上の方は申告相談を受けられません。)

 

   少しでも申告会場の混雑を緩和するため、申告受付票は、来場前に作成し、

   ご持参いただきますようご理解ご協力お願いします。

 

 

() 所得税、町県民税の申告が必要な方

◆事業所得(農業・営業など)がある方 ※自家消費のみの方は申告不要で

 す。

◆不動産収入(地代・家賃・駐車場代など)、配当金、一時所得、雑収入(個人年金、太陽光発電等の売電収入など)がある方

◆給与所得者で給与以外の所得(公的年金など)がある方

年の途中で就職・退職した方で、年末調整していない場合

◆勤務先で年末調整していない方

◆勤務先が「給与支払報告書」を役場に提出していない方(勤務先の給与担

 当者にご確認ください。)

◆所得控除(医療費控除・扶養控除・社会保険料控除・生命保険料控除な

 ど)を受ようとする方

◆遺族年金や障害年金など非課税年金を受給されている方

◆収入がなく、誰の扶養にも入っていない方

◆所得金額などが記載された所得証明書や非課税証明書が必要な方

  ※申告内容によっては、町の会場では受付できない場合があります。

 

() 町の申告相談会場で受付できない申告の内容

  次に該当する方は、東松山市民文化センターの申告会場で 

  告してください。

◆所得税のうち次の内容に関する申告

・令和元年以前の確定申告・更正の請求・修正申告

分離課税の申告(不動産・株式などの譲渡所得、上場株式などの配当所得、先物取引に係る雑所得など)

ただし、上場株式などの配当所得について、所得税と異なる課税方式を選択する場合には、川島町において住民税の申告も必要になります。

住宅借入金等特別控除のうち 増改築・特定改修・連帯債務による住宅借入金・ローンの借り換えに係る申告

繰越損失の申告

青色申告を行う事業主の申告

損控除の申告

・準確定申告

・肉用牛に関する申告

◆贈与税の申告

◆消費税の申告

◆相続税の申告

 ※相続税については、随時、税務署に申告してください。

 

 

〇 令和2年分確定申告【所得税・町県民税】

  フローチャート

 

自分が申告する必要があるのか?

所得税と町県民税のどちらを申告するのか? など

つぎのフローチャートによってご自身でご確認いただけます。

                          → フローチャート

                                                           

 

〇 所得税額の計算イメージ(事業所得の場合)

 

 事業所得を例にとりますと、所得税額はつぎのように計算します。


 STEP(1)

 「収入」-「必要経費」=「所得」

「収入」とは売上です。

売上を得るためにかかった費用を「必要経費」といい、

「収入」から差し引いて、「所得」を計算します。

なお、今回の申告では、令和2年1月~12月に

得られた「収入」とかかった「必要経費」となります。

 

STEP(2)

「所得」-「所得控除」=「課税所得」

「所得」から、該当がある「所得控除(※1)」を引き、

「課税所得」を計算します。

 ※1)配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除、

   医療費控除など

 

STEP(3)

「課税所得」× 所得税率 =「税額」

「課税所得」に税率をかけて、「税額」を計算します。

 

STEP(4)
 「税額」-「税額控除」=「申告納税額」

「税額」から、「税額控除(※2)」がある場合、
さらに引いて、「申告納税額」を計算します。
これが実際に支払う税金です。

 ※2)住宅借入金等特別控除、政党等寄附金特別控除など

 

 

新型コロナウイルス感染症に関する税務上の取扱い

 

    新型コロナウイルス感染症に関連し、必要経費の取扱い、損失の取扱い、

    各種助成金の取扱いなど、国税庁HPにQ&A形式でまとめられています。

    申告の際に、参考にして下さい。

    詳しくは⇒ここをクリック



 

 

 

 

〇 所得税の申告相談の際に必要なもの

 

  確定申告書、収支内訳書等は、国税庁ホームページから

 ダウンロードできます。 

 国税庁ホームページは、こちら

 

「個人番号記載に必要な書類」と「本人確認に必要な書

 類」

 

個人番号記載に

必要な書類

本人確認に

必要な書類

マイナンバーカードを

お持ちの方

マイナンバーカードのみ

マイナンバー

カードを

お持ちでない方

次のうちいずれか

通知カード

マイナンバーの

記載がある住民

票の写し

次のうちいずれか

運転免許証

パスポート

身体障害者手帳

公的医療保険の被保険

在留カード など

 

令和2年中(1月~12)の収入及び経費が分かる書類

 

必要な書類

給与収入、年金受給がある場合

源泉徴収票【原本】

事業収入がある場合

(営業・農業・不動産)

収支内訳書

 ※必ず事前にご自身で作成して

  ください。

配当所得がある場合

 (株、投資信託の収益)

金額が分かる書類

業務に係る雑所得がある場合

(講演料、原稿料、ネットオー

クション、宅配、給与所得者の太陽光発電売電収入の副収入など)

収支内訳書

 ※必ず事前にご自身で作成して

  ください。

一時所得がある場合

(保険の一時金、満期返戻金な

)

支払金額が分かる書類

 

以下のうち該当があるもの

 

必要な書類

生命保険料

控除

令和2(1月~12)に支払った領収書、証明書 例) 生命保険料、個人年金など

地震保険料

控除

令和2(1月~12)に支払った領収書、証明書 ) 地震保険料など

社会保険料

控除

令和2(1月~12)に支払った領収書、証明書 ) 国民健康保険税、介護保険料、後期

  高齢医療保険料、国民年金保険料など)

                       

扶養・配偶者・寡婦・ひとり親控除

源泉徴収票など

医療費控除

医療費控除の明細書

以下のうち該当があるもの

 医療費通知(例 健康保険組合等が発行する 

      「医療費のお知らせ」)

 医師の証明書(例 おむつ使用、温泉療養、

       運動療養、ストマ使用など)

詳しくは、つぎをクリック

川島町ホームページ【医療費控除について】

※明細書が作成されていれば領収書は不要

障害者控除

以下のうち該当があるもの

身体障害者・療育・精神障害者保健福祉手

戦傷病者手帳

障害者控除対象者認定書

ふるさと納税

寄附金控除

受領証明書等の寄附をしたことが分かる証明

詳しくは、つぎをクリック

国税庁HPふるさと納税をされた方へ

新型コロナウイルスに伴い中止したイベントチケット払戻しを受けない場合の寄附金控除

指定行事証明書

払戻請求権放棄証明書

※この控除の概要、証明書の発行手続きにつ

 いては、 こちらをクリック

※所得控除と税額控除のいずれか有利な方を

 選択できます。

 

以下のうち該当があるもの

 

必要な書類

住宅借入金等

特別控除

(一般住宅の新築等の場合)

住宅借入金等特別控除額の計算明細書

必ず事前にご自身で作成してください。

金融機関等から交付された「住宅取得資金

に係る借入金の年末残高証明書」【原本】

住宅の登記事項証明書【原本】

住宅の工事請負契約書又は売買契約書【写し】

 ※この控除の概要については、こちらをクリック

政党等寄附金等特別控除を受ける場合

受領証明書等の寄附をしたことが分かる 証明書

新型コロナウイルスに伴い中止したイベントチケット払戻しを受けない場合の寄附金控除

指定行事証明書

払戻請求権放棄証明書

 ※この控除の概要、証明書の発行手続き

  については、 こちらをクリック

 ※所得控除と税額控除のいずれか有利な

  方を選択きます。

 

 

還付金を振込む口座情報が必要です。

下記の内容が確認できるものをご持参ください。

 金融機関名

 支店名

 口座種類、口座番号、口座名義(申告者本人のもの)

税務署から届いたハガキもしくはチラシ 

 ※届いた方のみ