町における国民年金の手続き

 町における国民年金事務の取り扱いが平成14年度より変わりました。第3号被保険者に関する届出、納付書の再発行、還付請求書の提出等町で手続きできなくなりました。事前に電話等で照会のうえ必要書類のご用意をお願いします。

こんなとき 届出に必要なもの
厚生年金・共済組合をやめたとき(扶養している配偶者がいる時は、合わせて届出をしてください) 本人と配偶者のマイナンバーカード(あるいは通知カード)または年金手帳、退職年月日のわかる書類、印鑑
配偶者(第2号被保険者)の扶養から外れたとき(離婚したときや収入が増えたとき) 本人のマイナンバーカード(あるいは通知カード)または年金手帳、扶養から外れた年月日のわかる書類、印鑑
住所や氏名が変わったとき マイナンバーカード(あるいは通知カード)または年金手帳、 印鑑
任意加入するとき マイナンバーカード(あるいは通知カード)または年金手帳、 印鑑
収入が少ないとき(全額・半額・4分の1・4分の3免除制度) マイナンバーカード(あるいは通知カード)または年金手帳、 印鑑
学生で収入が少ないとき(学生納付特例制度) マイナンバーカード(あるいは通知カード)または年金手帳、 学生証(コピー可)、印鑑
老齢基礎年金の請求をするとき(第1号被保険者期間のみの方) マイナンバーカード(あるいは通知カード)または年金手帳、 戸籍謄本、請求者通帳、印鑑
障害基礎年金の請求をするとき(20歳前に初診日のある方や初診日に第1号被保険者の方) マイナンバーカード(あるいは通知カード)または年金手帳、住民票、請求者通帳、診断書、病歴・就労状況等申立書、印鑑 等