子宮頸がん予防ワクチン接種は、平成25年4月1日より予防接種法に基づく定期予防接種としてワクチン接種を実施していますが、平成25年6月 14日に行われた第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討会において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がよりあきらかになり、適切な情報提供がされるまでの間、子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な接種勧奨を差し控えることとなりました。
 つきましては、現在、子宮頸がん予防ワクチン接種については、定期接種として接種を受けることはできますが、町からの積極的な接種勧奨通知は行いません。また接種を受ける場合には、有効性や安全性について理解した上でお受け下さい。
 今後、新たにワクチン接種についての情報が入りましたら速やかにお知らせいたします。

  ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)について(PDF)

  子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さま(PDF)