町立保育園が変わります ~5つのプログラムがスタート!~

子どもの発達は、乳児期から幼児期を経て、学童期へと接続していきます。保育園ではスムーズに小学校へ接続するために、就学前の段階で必要な力は何かを捉えなおします。
日々の遊びや生活体験などさまざまな環境の中で、規範意識などの学び場を提供するなど、発達の連続性を踏まえた保育プログラムを平成27年度から展開しています。

(1) 発達を促す リズム・リトミック遊び

リズム・リトミックは全身で音楽を感じ、表現する教育法です。「リズム」「メロディ」「ハーモニー」これらを体で感じ、表現することでさまざまな能力を育てます。

(2) 心身の成長を 体育指導(外部講師)

運動能力を向上させ、見る、聞く、理解する能力を身につけます。また、積極性も引き出します。

(3) 楽しく学ぶ 絵本・ドリルの導入

3歳児以上の園児を対象に、学ぶ楽しさに触れることを目的に学びの時間を設けます。 ※3歳児:1日15分、4歳児:1日30分、5歳児:1日40分を予定しています。

(4) 効果的な虫歯予防 全歯磨き・フッ化物洗口

虫歯の最もできやすい幼児(4、5歳児)期に保育園で実施し、虫歯ゼロを目指します。 ※保護者の同意許可書をいただいた園児にのみ実施します。

(5) 外国人講師による英語指導

英語に親しみ慣れることを目的とし、4、5歳児を対象に、外国人講師による英語指導の時間を設けます。

町立保育園が変わります

町立保育園の取り組み