母子健康手帳の交付 ※妊婦さん本人の個人番号(マイナンバー)の記入が必要です!!

対象者 川島町に住民登録のあるかたで、医療機関で妊娠の診断をされたかた。
交付申請 所定の用紙により交付申請してください。 妊娠届.pdf
交付場所 川島町役場 健康福祉課 健康増進グループ 1階7番窓口
手帳の役割 妊娠・出産・育児に関する健康や予防接種などの記録書であると共にその乳幼児や母親など保護者の育児指導書です。
 届出時に必要なもの

個人番号カード(顔写真が入っているもの)をお持ちの方

 個人番号カード1枚で申請可能

個人番号カードをお持ちでない方

(1)通知カードまたは個人番号が記入された住民票(写しも可)

(2)本人が確認できるもの(運転免許証など)

※(1)と(2)いずれも必要

その他

母子健康手帳は、就職や進学時にも必要となる場合がありますので、大切に保管しておいてください。

平成28年1月1日より個人番号(マイナンバー)制度の導入に伴い、妊娠届出書に妊婦本人の個人番号の記入が必要となりました。

妊婦健康診査の助成について

すこやかな妊娠と出産のために、妊婦健康診査を必ず定期的に受けましょう。
川島町では、14回分の妊婦健康診査費用の一部助成を行っています。

対象者 妊婦であること。
手続き 母子健康手帳の交付の際に、「妊婦健康診査・助成券」をお渡しします。
助成内容

妊婦健康診査費用の一部を助成します。

令和3年度助成上限額

健診を受けたかたへ

里帰り出産などにより、委託医療機関以外(国内に限る)で妊婦健康診査を受けた場合は、申請により妊婦健康診査費用の一部を助成します。助成申請の期限は健診日から1年以内です。詳しくは、健康増進グループにお問い合わせください。

マタニティ学級

出産・育児に向け、不安なく過ごし、元気な赤ちゃんを産み・育てるために妊娠中の本人と家族を対象にした教室です。

 

対象者 妊娠中の本人およびその家族
開催日 月日 該当者出産予定日

1回目

  6月19日(土曜日) 

令和3年8月~令和3年11月

2回目 10月16日 (土曜日) 令和3年12月~令和4年3月
3回目   2月19日 (土曜日)  令和4年4月~令和4年7月

開催時間:9時30分から12時00分 

主な内容

妊娠中の過ごしかた、産後について、赤ちゃんのお風呂(沐浴実習)


※対象者にはあらかじめ通知します。

※新型コロナウイルス感染拡大状況により、中止となる場合があります。

 

新生児訪問

 

生後4か月までの全世帯の赤ちゃんとお母さんを対象に、助産師や保健師が訪問し、産後の健康や育児などについての相談をお受けします。

対象者

生後4か月までの全世帯

 

費用

無料

方法

助産師(または保健師)が電話で日程調整後、訪問します。
※必ず、身分証明書を携帯しています。

新生児聴覚検査費用の助成について

 新生児聴覚検査は、生まれてまもない赤ちゃんにおこなう耳の聞こえの検査です。

 聞こえの障害(聴覚障害)を早い時期に見つけ、適切な援助を受けることで、ことばやコミュニケーションの発達を促すことができます。

対象者  新生児聴覚検査実施日および助成金申請日に川島町に住民登録がある新生児(平成31年4月1日生まれ以降の方) 
 対象となる検査

自動聴性脳幹反応検査(AABR)

耳音響放射検査(OAE)

 検査実施期間  新生児期(2か月)の入院中または通院時
 助成金額  お子さん1人につき5,000円まで助成
 助成方法  医療機関で検査を受け、費用をお支払い後、健康福祉課 健康増進グループ(7番窓口)で助成金額をご指定の金融機関の口座に振り込みます。
 申請方法

 次のものを持参し、健康福祉課 健康増進グループに提出してください。

(1)川島町新生児聴覚検査費助成金交付申請書兼請求書

(2)領収書

(3)検査結果がわかる書類または母子手帳

(4)通帳(振込先の口座がわかるもの

新生児聴覚検査

 

産後の母子1か月健診費用の助成について

 出産後、医療機関で行う母親とお子さまの1か月健診費用の一部助成をします。

 

  対象者   令和2年4月1日以降に出産した方で、産後1か月健診実施日に川島町に住所がある方 
  助成金額

母親の産後1か月健診費用を1回5,000円まで助成

※母親の産後1か月健診費用が5,000円未満の場合は、児の1か月健診費用と合わせて申請できます。

  申請方法

 次のものを持参し、健康福祉課 健康増進グループに提出してください。

(1)領収書

(2)母子健康手帳

(3)通帳(振込先の口座がわかるもの)

 

妊婦健康相談

母子ともに健やかなお産を迎えるために、妊娠中の不安や産後の心配などの相談をお受けします。

 

希望する妊婦の方への分娩前ウイルス検査のご案内

新型コロナウイルス感染症への不安から検査を希望する妊婦の方を対象に、分娩前ウイルス検査を行います。

検査費用の自己負担はありません。検査についてはかかりつけ産科医療機関にご相談ください。

 ※詳細につきましては、下記ウェブサイトをご覧ください。

  希望する妊婦の方への分娩前ウイルス検査

 

(問合せ先)埼玉県保健医療部健康長寿課

 

思いがけない妊娠についての相談

 思いがけない妊娠にとまどう方へ、ひとりで悩まずにご相談ください。

 にんしんSOS埼玉   https://sos.saitama.jp/

 

小児科オンライン 産婦人科オンライン(経済産業省 遠隔健康相談事業)

 小児科オンライン、産婦人科オンラインはスマートフォンから直接、産婦人科医、小児科医、または助産師に相談できます。

 ※詳細につきましては、下記ウェブサイトをご覧ください。

 小児科オンライン https://syounika.jp

 産婦人科オンライン https://obstetrics.jp

 

中南米などでジカ熱が流行しています

特に、妊婦さんはご注意ください。

ジカ熱感染症と胎児の小頭症の関連性が指摘されています。

ジカ熱(ジカウイルス感染症)は、ウイルスを持っている蚊に刺されジカウイルスに感染することによって発症します。ヒトスジシマカ、ネッタイシマカが媒介蚊として確認されています。

~予防方法~

蚊を発生させない

 蚊は古タイヤやバケツ、植木鉢の受け皿など、少量の水がたまっているところに卵を産みます。週に1度はたまっている水を捨て、蚊の幼虫ボウフラが湧かないようにしましょう。

蚊に刺されない

 やぶや林、公園など蚊の多い場所では、長袖シャツや長ズボンなどで、できるだけ肌を露出しないようにしたり、虫よけ剤を使うようにしましょう。

妊婦さんは流行地域への渡航は控えた方が良いと考えられています

 やむをえず渡航する場合には蚊に刺されないように注意しましょう。