川島町では、川島町国民健康保険にご加入中の35歳以上のかたを対象に、人間ドックなどを利用するときの料金の一部を補助しています。

 定期的に検査を受け、病気の早期発見、早期治療に心がけてください。

助成について


 1年度において、人間ドック、脳ドック、併診ドックのいずれか1回を限度にご利用いただけます。

 助成額の上限は25,000円で、費用のうち少なくとも5,000円は受診者にご負担いただきます。

 なお、オプション検査の費用は助成対象外ですので、全額自己負担となります。

対象者


 川島町国民健康保険の被保険者で、納期の到来している保険税を完納しているかた

※同じ年度内において、人間ドックか特定健診どちらか一方の補助を受けることができます。

お申込み方法


 1.指定医療機関で受診する場合

1.指定医療機関iryoukikanichiran200713.pdf(75KB)をご確認いただき、

 指定医療機関に人間ドック、脳ドック、併診ドックいずれかの予約をします。

2. 受診前に、健康福祉課 国保・年金グループへ「人間ドック予防検診費補助金申請書」「質問票」を提出し、「人間ドック利用補助券」を受領します。 申請の際には、保険証認印をご持参ください。

3.受診日に指定医療機関へ「人間ドック利用補助券」を提出します。受診後、助成額25,000円を差し引いた検査費用をお支払いください。

  ※令和2年4月1日から令和3年3月31日の受診については、令和2年4月1日から受付します。

2.指定医療機関以外の医療機関で受診する場合

1.希望する医療機関にて受診します。その際、一度費用を全額自己負担していただきます。

2.健康福祉課 国保・金グループにて「人間ドック予防検診費補助金申請書兼請求書」「質問票」を提出してください。助成金は、後日、指定の金融機口座に振り込みます。

申請の際、持参するものは次のとおりです。

  • 保険証
  • 認印
  • 領収書(原本領収書にオプション検査を含めた合計額のみ記載されている場合は、オプション検査料金が確認できるパンフレットなどをあわせてお持ちください。
  • 人間ドック結果票
  • 振込先口座の確認ができるもの(通帳、キャッシュカードなど)

※令和2年4月1日から令和3年3月31日までに受診した人間ドックの補助については、令和3年3月31日までに申請してください。(間に合わない場合は、令和3年3月31日までに、ご相談ください。)

 人間ドック・脳ドック助成のご案内もご参照ください。goannai2101.pdf(162KB)

 申請書は健康福祉課窓口にて配布しているほか、各種申請書 のページからもご利用いただけます。

   検査項目や健診料などは医療機関によって異なります。詳細は、各医療機関に直接お問合わせください。

 人間ドックなどの健診結果は、川島町の保健指導などに利用することおよび健診結果の一部を国の統計資料として使用することをご了承ください。