婚姻届とは

 ご結婚おめでとうございます。
 婚姻届を提出することによって、法律上の夫婦となり、戸籍に婚姻事項が記載されます。

届出人

夫および妻になる者(未成年の場合には父母の同意が必要です)

届出地

夫または妻の本籍地、もしくは住所地(所在地)の市区町村役場

届出期間

任意(届出日が婚姻日となります)

必要なもの

  • 婚姻届出書
    ※成年者の証人が2名必要です。
    ※婚姻する者が未成年の場合には父母の同意が必要です。   ※オリジナル婚姻届はこちら
  • 戸籍謄本
    ※本籍地の市区町村に提出する場合には不要です。
  • 届出人の本人確認ができるもの
  • 届出人の印鑑(シャチハタ・スタンプ印などでの押印はご遠慮ください)
  • 婚姻要件具備証明書等(外国人との婚姻の場合。事前にご相談ください)
  • 注意事項
  • 婚姻届によって住所が変更になることはありません。住所が変わる場合には別途、転入・転出の手続きが必要になります。 
  • 婚姻届が提出できるのは男性18歳から、女性は16歳からです。 
  • 離婚した女性の場合、離婚後100日経過しないと婚姻できません。ただし、同一人との再婚の場合は除きます。
  • 鉛筆や消せるボールペンでの記入はご遠慮ください。
  • 記載したものを訂正するときは修正液、修正テープを使用せず、二重線で訂正してください。
  • 氏が変わられた方はマイナンバーカードもしくは通知カードに変更後の氏を記載しますので、住所地の窓口へお持ちください。
  • マイナンバーカード・住民基本台帳カードをお持ちの方は、ご持参ください。以下の場合には事前にご相談ください。

      再婚でお子さんがいるとき、子の氏を変更したい場合は、養子縁組届または入籍届が必要です。

      外国人の方と婚姻をする場合。